ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

町の概要

印刷用ページを表示する 掲載日:2016年3月1日更新

人口

 14,369人(平成27年国勢調査)

 

町章  (昭和47年11月3日制定)

町章山辺の「や」の文字をデザイン化し、町の平和と団結を願い、親和の中にその飛躍を簡明に象徴したもの

 

 

 

町民憲章

 山辺町民憲章を次のとおり制定する。私たちは、歴史と伝統に輝く緑と湖沼のふるさと山辺の町民です。私たちは、この豊かな郷土をさらに発展させるため、力を合わせて五つの目標の達成に務めます。

  1. 自然を愛し環境を整え、美しい町をつくりましょう。
  2. 心と体を鍛え、健康で明るい町をつくりましょう。
  3. きまりを守り助け合い、住みよい町をつくりましょう。
  4. 産業を興し勤労を尊(たっと)び、豊かな町をつくりましょう。
  5. 教養を深め、薫(かお)り高い文化の町をつくりましょう。

 

花・鳥・木  (昭和55年4月1日制定)

 
花鳥木
リンドウオオタカキャラ木
古来ふるさとの山に自生し、花期も長く(8月~10月)つつましく、気品ある花であり、観賞用としても高く評価され、町民の生活にとけこみ愛される花となっている。白鷹山地に生息し、威厳と迫力をそなえ、その勇壮さ、美しさは抜群で、躍進する山辺の将来を象徴している。

イチイ科の常緑針葉樹。常に緑を保ち、耐寒、耐虫性に富み、生命力の強いふるさとの木として人々から愛されている。

 

キャッチフレーズ

「森と湖沼のふるさと ファッションのまち」

 昭和55年3月発行の町勢要覧のサブタイトルとして誕生。昭和59年10月発行の広報紙に、町制施行30周年記念式典を伝える記事のタイトルとして掲載され、その後、町の歓迎広告塔などに幅広く使われるようになりました。
 町のキャッチフレーズとして定着しています。

山辺町役場

 

 

 


 

町の広さ

 
東西の距離南北の距離周囲面積
11.85km11.85km50.0km61.45km2

 

 

 

人口と世帯数の遍歴  (国勢調査)

 
西暦総世帯数
(戸)
総人口
(人)

(人)

(人)
増加率
(%)

1世帯
あたり人員(人)

昭和 5年19302,42515,0377,3297,708 6.2
昭和10年19352,41014,9457,3617,584-0.66.2
昭和15年19402,40014,8787,3787,500-0.46.2
昭和22年19472,82917,5408,4329,10817.86.2
昭和25年19502,95117,3688,3609,008-1.05.9
昭和30年19552,97316,6888,0078,681-3.95.7
昭和35年19602,93715,8447,5508,294-5.15.4
昭和40年19653,06915,4297,3248,105-2.65.0
昭和45年19703,21014,8257,0137,812-3.94.6
昭和50年19753,33114,3636,8057,558-3.14.3
昭和55年19803,41614,2816,8657,416-0.64.2
昭和60年19853,41814,3696,8797,4900.64.2
平成 2年19903,66415,0167,2667,7504.54.1
平成 7年19953,86915,3577,3767,9812.34.0
平成12年20004,09615,5127,4428,0701.03.8
平成17年20054,29815,4157,3578,058-0.63.6
平成22年20104,41915,1397,1897,950-1.83.4
平成27年20154,44014,3696,8777,492-5.13.2

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

用語解説:国勢調査

※「用語解説」のリンクに関するご質問・ご要望のお問い合わせ先