ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織で探す > 保健福祉課 > 平成30年度 保育所申し込みのご案内

平成30年度 保育所申し込みのご案内

印刷用ページを表示する 掲載日:2017年9月1日更新

 平成30年4月から町立安達峰一郎記念保育所、小規模保育事業『ゆりかごすくすくランド』の利用を希望する方は、所定の用紙に必要事項を記入し、必要書類(証明する書類など)を添えて受付期間内にお申し込みください。

 

1.保育所を利用できる基準

 

 保護者及び児童が山辺町に住所を有し(平成30年4月1日まで転入予定者も含む)、保護者(父母)に次のいずれかの事情があり、常時(就労時間が月64時間以上)保育が必要な状態にあること

 

 保育を必要とする事由証明する書類
保育を必要とする事由
就労

家庭外(内)で仕事をしていること

※父または母の仕事が休みの場合には、できるだけ自宅での保育をお願いします。

就労・在職等証明書
妊娠・出産妊娠中であるか、出産後間もないこと母子健康手帳の写し
疾病・障がい等保護者が疾病もしくは負傷、または精神や身体に障がいを有していること。

診断書(任意様式)

障害者手帳の写し

介護保険被保険者証等の写し

病人の介護等同居の親族などを常時介護または看護していること
災害の復旧震災・風水害・火災などの復旧にあたっていること個別にご相談ください
求職活動求職活動を継続的に行っていること(就労内定を含む)ハローワークなどの相談記録を印字したもの
就学就学(職業訓練を含む)していること通学または在学証明書
育児休業中

育児休業取得時に、すでに保育を利用している子どもがいて、継続利用が必要であること。

※育児休業中はできるだけ自宅での保育をお願いします。

事業所(事業主)の在職証明書

(任意様式)

DV・虐待虐待やDVのおそれがあること個別にご相談ください
その他その他やむを得ない事情があると認められること

※証明書及び診断書などは、3ヵ月以内のものに限ります。

 

2.対象児童

 

安達峰一郎記念保育所  生後6ヵ月から就学前まで

ゆりかごすくすくランド   生後6ヵ月から2歳まで

※年齢は平成30年4月1日時点です。

 

 

3.入所の方針

 

 保育所の定員を超える申し込みがあった場合は、保護者等の就労、疾病などの状況を検討し、保育を必要とする度合いの大きい方から、優先順位をつけて入所決定を行います。

申し込みの方全員に、別日程で聞き取りを行いますので、ご協力をお願いいたします。

 

4.保育時間

 提出いただいた申請書などの内容を審査・確認後、保育の必要量により次のように区分されます。(延長保育を除きます)

 

(1)保育標準時間(最大11時間/日):就労時間が月120時間以上(目安:週5日で1日6時間)

(2)保育短時間(最大8時間/日):就労時間が月64時間以上(1)未満(目安:週4日で1日4時間)

 

5.利用料(保育料)

利用料(保育料)は、市区町村民税額で算定します。

 平成30年度の利用料は、児童の平成30年4月1日現在の年齢と、原則として児童の父母の平成29年度及び平成30年度市区町村民税額によって決定します。場合により、同居している家族(祖父母など)の税額も含めて決定します。

※ただし、延長保育は改めて料金が必要です。

 

6.申込書などの配布

 

9月4日(月曜日)から保健福祉課窓口及び安達峰一郎記念保育所で配布します。

 

7.受 付

 

期間 9月15日(金曜日)~10月20日(金曜日)(土・日・祝日を除きます)

時間 午前8時30分~午後5時

 

8.提出書類

 

(1)申請書(兼申込書)(児童1人につき1枚)・・・クリーム色

(2)父母・祖父母(村山地域在住の方)にかかる『保育を必要とする事由』を『証明する書類』

   就労・在職等証明書、介護・看護状況申告書(障害者手帳の写し、介護保険証の写しの添付)、診断書など

(3)家族状況等申告書(児童1人につき1枚)・・・水色

 

9.提出先

 

保健福祉課子育て支援係または安達峰一郎記念保育所

 

10.入所の決定など

 

平成29年12月中旬を予定しています。

 

11.利用申し込みについての問い合わせ

保健福祉課子育て支援係  電話番号 667-1107

安達峰一郎記念保育所      電話番号 664-5066