ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織で探す > 税務課 > 山辺町における固定資産税の課税誤りについて

山辺町における固定資産税の課税誤りについて

印刷用ページを表示する 掲載日:2019年9月13日更新

課税誤りについて

固定資産税について、課税誤りが判明いたしました。納税者の皆様に多大なるご迷惑をおかけしましたことを深くお詫び申し上げます。

課税誤りの内容

相続登記がされていない資産について、相続登記が完了するまでは相続人全員の共有の資産として別個に税額を算出する必要があったものを、現所有申告書にて申告があった個人の資産と合算して税額を算出しておりました。令和元年9月12日現在、現年度分について、税額修正となる課税誤りの対象の方は415人、影響額は393,600円と推計しておりますが、再確認を行った上で確定いたします。

今後の対応

現年度分の正確な税額を早急に確定するよう作業を進め、その額が確定次第、対象者の方に対して税額の更正通知書を発出するなど、必要な措置を講じます。
また、過年度分については、同様の調査を進め、山辺町固定資産税等過誤納返還金支払要綱に基づき、還付いたします。


詳細につきましては下記リンク先よりご確認ください。

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)